やました歯科 > ご挨拶 > 未分類 > ラバーダム始めました。

ラバーダム始めました。

こんにちは。八女郡広川町のやました歯科の山下です。

いきなりですが、歯医者さんでこんな器具を使用されたことはありますか?

受付の田中さんがモデルです。ラバーの貼り方も未熟ですが、こんな感じの器具です。

おそらくほとんどの方が経験がないのではないでしょうか?

これはラバーダムと言って歯の神経の治療や、虫歯の治療の際に使用するものです。

治療中に唾液が入らないようにしたり、薬液がのどへ行かないようにします。

 

 

私、最近ラバーダムを始めました。

それは最近買った教科書→リクッチのエンドドントロジー(クインテッセンス出版)の影響です

他にも様々なセミナーや教科書でその有用性は言われているのですが、材料と時間のコストを考えるとなかなか導入できにくいものがありました。

 

ラバーダムなんて学生実習以来あまり使用してこなかったので。

ですが、神経の治療の成功率を上げるためにはマイクロスコープやCTなどより有用との記述もありますので頑張ってやっております。

 

まずは神経の治療のやり直しをできる限り防ぐために神経の治療を中心にラバーダムを使用しますので、ご協力よろしくおねがいいたします。

 

※残存歯質や開口量の問題で使用が難しい歯もありますので、その際はご了承ください。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*