やました歯科 > ご挨拶 > 未分類 > ★今週のボード★

★今週のボード★

今週のボードのタイトルは、「砂糖量より食べる頻度が問題」です。

私たちが食事をするたびに、細菌が酸を作り出すので口の中は酸性の環境になります。 

飲食の回数が多いほど、口の中が酸性になっている時間が長くなります。

(引用:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所)

砂糖やその他の糖質がむし歯の原因なら、それらを全く食べなければむし歯にはなりませんが、私たちが生きていくうえで、糖質を全くとらないということは基本的に不可能です。

甘い食べ物や飲み物も口にするないわれても、ほとんどの人は実行できないかと思います。

むし歯は、食べるものの質もありますが、問題は口の中に残る時間の長さですから、何よりも食べる回数が問題になります。

すなわち、できるだけ食事は規則正しく、おやつなどは時間を決めるか、食後のデザートとして食べるなど回数を減らす工夫をしましょう。

食後の歯みがきも忘れずに!(・∀・)

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*