やました歯科 > 初めての方へ

初めての方へ

まず始めに当院のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

もしかしたら、歯で何かお困りのことがあってこのホームページをご覧いただいているかもしれません。

ここでは「初めての方へ」と題して、当院の特徴と治療の流れについて書いていきたいと思います。

1.治療が怖い方、苦手な方へ

当院では、初診時にいきなり抜歯や歯を削る治療などは行いません。痛みの伴う処置は極力避けたいと思っています。

それは単純に院長が痛い処置をしたくないからです。

初診時にはなるべく患者さんがどこがどういう風に困っていて、どうなりたいかを聞くようにしております。

なんでもそうだと思いますが、物事をうまく運ぶためにはコミュニケーションが必要であると考えています。なんでもご相談ください。

2.お口の中を見せるのが恥ずかしい

「歯科治療は時間がかかるから、なかなか最後まで治療ができなくて歯がボロボロで見せるのが恥ずかしい、怒られそうで恐い。汚い口の中を見られるのは恥ずかしい。」

そう言われる方もいます。

歯科医師はもちろん歯科衛生士はじめ、スタッフ一同はお口の健康を守るプロフェッショナルです。お口の中をみて笑ったり、叱ったりすることは決してありません

お口の健康を守り、引いては全身の健康増進に寄与することが私たちの使命です。安心してご来院ください。

3.できるだけ歯が痛む前に来院を

経験上、痛みをお持ちの患者さまの治療については後日抜歯や抜髄(神経を取る治療 要麻酔!)を行うことが多いです。

強い痛みが出る前になんらかの兆候があることがほとんどです。(ex.冷たいものにしみる、噛むと痛いなど)できればその段階での受診をお勧めします。

当たり前のことですが、歯は失うと戻ってきません。手遅れになる前に痛くなくてもご来院をお勧めします。

最近、痛くないけど歯科へ通院していない方も受診は可能です。定期的にチェックを受けることが歯を守る秘訣です。

治療の流れ

【電話予約】

当院は予約制となっております。

来院前に0942523819までお電話でご予約をお取りください。

ご予約された際はその時間に問診、各種検査、治療計画立案のために1時間ほどスタッフと歯科医師の時間を確保しておりますので体調不良以外のキャンセルはお控えください。

ご都合が悪くなられたらすぐにご連絡をお願いします。

混み合う時間帯の場合はキャンセル待ちもお受けいたしますので通院可能な曜日、時間帯を受付スタッフへご連絡ください。

※外傷などの緊急の場合はこれに当てはまりません、必ず診察いたしますのでご連絡ください。

【受付】

IMG_6569IMG_6447

まずは受付カウンターへお越しください。

当院スタッフが笑顔でお迎えいたします。

保険証の確認を行った後、問診票にご記入いただきます。

※お薬手帳をお持ちの方は、お薬手帳もご提出ください。

【口腔内検査】

レントゲン写真歯周病検査を行い、痛みの原因を探ります。

痛みがない場合でも、定期的に検査を受けていくことがお口の健康を維持するためには大切です。

IMG_6636

【口腔内写真撮影】

治療を始めるにあたり、現在のお口の中のお写真を専用デジタルカメラにて撮影いたします。

20140128-145353.jpg

治療の途中や終了時にも撮影を行っていきますので、日々治療により変わっていくご自身の口元をご確認いただけます。

治療が終わられた患者様の笑顔はとびきり素敵です。

 

【お会計とご予約】

治療が終わられましたら、待合室にてお名前をお呼びするまでお待ちください。

お名前をお呼びしましたら、受付にてご精算させて頂きます。

次回のご予約を取られましたら、本日は終了となります。

お気をつけてお帰り下さい。

IMG_6561

 

【原因となる歯や歯茎の治療】

やました歯科では、無痛治療に力を入れております。

麻酔を行う前に、歯ぐきを塗り薬で一旦麻痺させてから、痛みを緩和します。

また麻酔を打つ針もできる限り細いもの選択していますので、従来の麻酔より痛みが軽減されています。

image

痛い=歯医者と思われている方、歯医者に足が遠のいている方も、ぜひこの機会にやました歯科にて治療・健診をお受けください。

IMG_6426IMG_6415IMG_6369

 

初めての方へ” への1件のコメント
  1. 城下博光 より:

    予兆があったときに、作業所から直接お伺いして治療していただいた事があります。待ち時間の間も予約の患者さんとお喋りできてあっという間に治療が完了しました。地元の情報も聞けて痛みも忘れてしまいました。急な痛みはつらいですが、治療を受けるしかないです。ほっといたら、取り返しのつかない事になってしまいます。そうならないためにも定期健診は怠れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*